2016 031234567891011121314151617181920212223242526272829302016 05





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キロ6分半で終了

若干のアップダウンあるがスピードが連動して無い所は風の影響か?
今日は風が強くて強くて大変でした
だんだんペースダウンしている・・・
5.png

平均6分30秒
5キロで33分
統計

今日は時間が無いのでこれでOKでしょう
スポンサーサイト
[ 2016/04/29 ] ランニング | TB(-) | CM(0)

マラソンコース試走

まだまだ初心者ランナーがマラソンコースの一部を試走してみました

10k.png


地味~に緩やかな登り+アップダウンが少々折り返し前に登り
折り返して下りで足に刺激を入れつつペースも上がらずダラダラと下る

高度


キロ7分台で全体にジョグペースで終了w

統計

今回あまりペースが上がらなかった理由は、医者に貧血って言われていたのを忘れてたw
体調のあまりよくない時はそれなりに理由が有るので無理しない無理しないw



[ 2016/04/28 ] ランニング | TB(-) | CM(0)

大日ヶ岳 ひるがの高原コース 残雪とブナの木

雪の少なかった今年の残雪登山を求めて大日ヶ岳に行ってきました

ひるがの高原コースの登山口の場所をちょっとだけ説明
大日岳-登山口


ガソリンスタンドの脇の道を入ります
gs.png



すぐに左、突き当りをまた左、地図上だとまっすぐ行けそうな道がありますが、
ほぼ突き当りを右に(登山口の看板が有ります)
そのままかなりの坂を登っていくと
貯水場手前に駐車場が有ります。その先に登山口が有ります
登山口詳細


登山口看板 頂上まで7㌔
DSC_0368.jpg



ブナの中からとなりのスキー場が見えます
DSC_0369.jpg



少し上がってきましたが、先長いです
DSC_0370.jpg



キレイな登りやすい道が続きます(実際はこの先急斜面も出てきますw)
DSC_0372.jpg



いっぷく平
DSC_0373.jpg



スキー場が下に見えてきました。
DSC_0375.jpg



残雪もちらほら出てきました
DSC_0376.jpg



雪と落ち葉の繰り返し(登り初めてから4.5㌔ぐらいから、雪&土)
DSC_0374.jpg


このあたりから雪ばかりになってきました(登り始めてから5㌔付近?)
このあたりからアイゼン使用してもいいと思います
DSC_0377.jpg



頂上が見えた!あと少しだ!
DSC_0380.jpg



実際には展望台でした、もう一山有りました・・・
DSC_0381.jpg



大日ヶ岳!登頂!!!! 正面に見えるのは白山!! いつか登りたい
DSC_0383.jpg



方角が分かる銅板
DSC_0382.jpg



ひるがの高原側
DSC_0384.jpg

頂上でおにぎりを食べ、食後のコーヒー後
登ってきた道を戻ります
DSC_0386.jpg

マラソン用GPSウオッチの履歴から
登り



データ、登山口の看板では、7㌔と有りましたがGPSだと5.7㌔、
(途中手動GPSオフして移動してしまったので)
登りデータ


登山用じゃないから、アバウトな高度表示だね
高度



下山もログをとったが、疲れが残っていたのか、水分不足なのか、下りなのに全然ペースが上がらず
登りとほとんど変わらない時間がかかってしまっています。
下りデータ



教訓、春でも水分は、多めに持って行きましょう(´・ω・`)
疲労が残っている時は無理しないようにしましょう(´・ω・`)

私は軽アイゼンを使用しましたが、すれ違った人は、アイゼン使用していない人が多かったです
スノーシューの人もいましたがね^^
[ 2016/04/16 ] 登山 | TB(-) | CM(0)

登山に最適な車を考える

登山に最適な車を考えてみました

日帰りで登れる
近場の山ばかり登っている私ですが、
だんだんメジャーな山も登りたくなってきました
でも近場のメジャーな山は、大体登ってしまい
遠くの山は、宿泊の予約とか長い休みとか、気軽に行けないですよね
思い立ったらすぐに登りに行きたいタイプの自分には
早起きして行くにも限界が・・・

なので車中泊も視野に入れて考えてみました(購入予定があるわけでは無いです)
注意:完全に自分の趣味、主観、偏見で選んでますのでご了承w


①大人二人が十分に?眠れる車内サイズ
(運転席、助手席を含まない居住空間で最低必要な長さ170cm 高さ90cm 幅120cm以上)
  注意:運転席と助手席を倒した状態を車中泊の居住スペースと考えるのはやめたほうがいいですよw

②登山口まで結構狭い道が多いので5ナンバーサイズ以下が好ましい
  (1700cm以下、マイナーな山や広い駐車場が無い場所だと軽自動車サイズが好ましい)

③燃費がソコソコよくないとね~
 (JC08モードだと車種による差が大きすぎて目安にならないので実燃費で15は欲しいね)

④車体価格は、大事だよね
 (5ナンバーサイズなので価格設定は車体価格のみの中間グレードで250万以内)

⑤やっぱり雪山には4WD
 (スタットレスタイヤで十分だろうか?自問自答中です、現在は4WDとFFを使い分け)

①>②>③>④>⑤で考えます

①⑤をクリアー 居住スペースならこれでしょう 『トヨタ ハイエース』(値段と車体サイズがネック)
ハイエースバン

①⑤をクリアー 居住スペースと4DWで安定の 『ミツビシ デリカD5』(ハイエースと同じ車体サイズと値段が・・)
デリカ

①②④⑤をクリアー 燃費がもう少し良ければ 『スズキ エブリィワゴン』(燃費を我慢出来て、軽がNGでなければこれ)
エブリイワゴン2jpg

①②④⑤をクリアー ハイブリットじゃないと燃費が・・・ 『ホンダ フリードスパイク』(今年8月にフルモデルチェンジが狙い目か)
フリード

①②④⑤をクリアー ①をクリアー出来る車種が・・・ 『ダイハツ アトレーワゴン』(これ買うならエブリィワゴンを勧める)
アトレーワゴン

①③⑤をクリアー 結構車幅がデカイ 『マツダ CX-5』(デカイ高い、でもディーゼルはいいぞ)
cx-5.png

①⑤をクリアー  いつの間にか普通の車に・・・ 『ニッサン エクストレイル』(新型になってディーゼルが無くなった)
エクストレイル

①⑤をクリアー 四駆なら(メーカー表記はAWD)  『スバル フォレスター』(CVTにこだわり過ぎだぞスバルwwww)
フォレスターjpg


日本のメーカー限定のハイブリットは除きました
③の燃費だけがクリアー出来なかった3車種がお奨め?
フリードスパイクのフルモデルチェンジで何処まで実燃費が良くなる?
エブリィワゴンに5AGSかSエネチャージが乗れば燃費が良くなる?
アトレーワゴン・・・ウエイクバンの発売でウエイクに吸収?

①~⑤全部クリアーする車は出るのか!?


[ 2016/04/14 ] 登山 | TB(-) | CM(0)

イメージ

寒い時期の登山はほとんど、ニット帽をかぶって登っているのですが
最近急に温かい日がつづきサマーニット帽でも暑いす

かなり以前に購入したモンベルの帽子(ハット)をかぶって登っているのですが
↓こんなやつです
DSC_0389.jpg

モンベルの公式ページでも男女兼用と明記されていますので、
おじさんがかぶっても問題ないと思いますが

なぜかすれ違う人が私の顔を覗き込むように確認?するのですが気のせいかな?・・・

考えられる理由
①イケメンに見える?
かっこいい イメージ

②ノッポさんに見える?
のっぽさん

③山ガールに見える?(色合いはこんな感じで黄色のスカートではなく、グレーの膝までの短パンです)
イメージ

①だと嬉しいのだか、たぶん②だろうなw
奥さんいわく「かわいいおじさん」に見えるらしい・・・
[ 2016/04/12 ] 登山 | TB(-) | CM(0)

トレイルランニング コースと自作ハイドレーション

アップ後今日はトレイルをゆっくりペースでランしました
トレラン
膝の痛みが少し出てて来たので途中でUターンしたため5㌔ちょっとのランでした
自作したハイドレーションも使い勝手問題なしで大成功でした

トレランは登りでは「心肺と脚」を効果的に鍛えることができて、下りでは「スピードとバランス」の能力が向上?
(舗装路の坂道トレーニングでも同じ効果が有ると思いますので、両方トレーニングに入れていきます)

トレイルランニングがこの先ロード(舗装路)ランニングでのスピードアップにどれだけ効果が有るのか
今後に期待しましょう。
[ 2016/04/10 ] ランニング | TB(-) | CM(0)

峠デビューしました(ランニング)Cd&Ws

初めての峠デビューです
アップで1.4㌔後峠の入口まで1㌔

ここから登りスタートです
入口

ここで折り返し(実際はこの先20メートル上に東屋が有りそこまで登り折り返ししました)
折り返し

坂道トレーニングの内容
坂道トレーニング

1:04:27
時間

6:54 分/km
平均ペース


トレーニング後のクールダウン(Cd)とウインドスプリント(Ws)
cdws_20160409131642f24.png

「Ws」3回繰り返し 気持ち良いぐらいでやめときましたw
cdws.png

[ 2016/04/09 ] ランニング | TB(-) | CM(0)

御在所岳登山 中道 裏道 車道 4月残雪無w

中道登山口じゃなく中登山道口だったw
DSC_0337.jpg
略して「中道」
DSC_0338.jpg
やっと三合目
DSC_0339.jpg
裏道「裏登山道」分かれ道があります帰りは裏登山道を通る予定です。
DSC_0340.jpg
「あばれ岩」到着
DSC_0341.jpg
岩と岩の間が、ちょうど大人一人通れるぐらいの隙間があります、きっとみなさん通っただろうなw
DSC_0344.jpg
あばれ岩の少し上がらの景色
DSC_0346.jpg
ロープウエイの鉄橋があの上が頂上かな?
DSC_0347.jpg
ロープエイのゴンドラが確認できるほど近づいてきましたよ
DSC_0349.jpg
やっと6合目
DSC_0348.jpg
少しくだります、クサリもちゃんとありますので安心です(錆びてるけど)
DSC_0350.jpg
7合目~
DSC_0351.jpg
8合目~
DSC_0352.jpg
ふ~
DSC_0353.jpg
ゴンドラが下に見える?
DSC_0354.jpg
ロープウエイ山頂駅と御在所山頂まであと少し
DSC_0356.jpg
富士見岩 富士山みえないけどね・・・
DSC_0355.jpg
山頂マップ あと少しです
DSC_0357.jpg
残雪?スキー場の雪が少しだけのこってました、子供用の「ソリ」はまだ営業してました
DSC_0358.jpg
山頂の公園?
DSC_0359.jpg
御在所岳山頂三角点
DSC_0360.jpg
1211からの景色
DSC_0361.jpg
琵琶湖までみえませんでした
DSC_0362.jpg
帰りは裏道{裏登山道」 
2008年の集中豪雨による土石流により登山道の約半分は岩場となり
う回路が出来てました(画像は完全な岩だらけの川です、昔は登山道だったのね)
DSC_0363.jpg
途中のお茶屋?
DSC_0364.jpg
なんでしょこれ?土石流止めるのかな?
DSC_0365.jpg
車道を少し歩き戻ってきました、駐車場
DSC_0366.jpg
駐車場の先で片側通行の工事中でした、土砂崩れ?かな

登り写真を撮りながら1時間30分ぐらい山頂で休憩少々
下り2時間ぐらい?(車道登りあり)
トータル4時間でした
岩だらけのコースで中々たのしめました。
(登りグローブ必須ですよ、当たり前かな?)


[ 2016/04/05 ] 登山 | TB(-) | CM(2)

ペース走とトレイルランとウッドチップコース

土曜練習 いつものウッドチップコースでアップ2㌔ぐらい
舗装路周回コース、6分前後のペース走で8㌔時点で足の痛みが出て断念
またたま薬指の爪が中指に食い込み出血w
前日に爪を切ったのですが、角の切り方が悪かったみたいです
しかも5本指ソックスではなく普通の靴下(滑り止め付き)だったので。。。
クールダウンも完全に歩きのみで1㌔で終了

日曜日練習 ウッドチップコースアップ1㌔ぐらい
今日は昨日の失敗をしないように、爪のケアもしっかり
5本指ソックスに変更(滑り止め付き)でトレイルラン
5㌔ほどなるべく一定ペースでラン(アップダウンがあるので難しいですね)
ウッドチップコースで2㌔前後クールダウン
DSC_0312.jpg
家の近くに走りやすいウッドチップコースがあってよかったです。
(かなり日にちがたっているので、苔も生えてますが膝に優しいです)
[ 2016/04/03 ] ランニング | TB(-) | CM(0)

「アソシエーター」タイプと「非アソシエーター」タイプ

「音楽はアスリートにとってプラスなのかマイナスなのか」
WS610.jpg

最近の著書『Inside Sport Psychology』において、
博士はランニング中に音楽を聴くことでパフォーマンスが15%も向上すると主張している。

運動中に音楽を聴くと、疲れるのが遅くなり、主観的に感じる疲労の量が少なくなった。
そして音楽は、体力とエネルギーの効率を向上させた。と主張している

音楽を聴きながら運動をすると疲れが紛れ、なぜか力が出てくる音楽ってありますよね

研究を積み重ねるなかで、『低-中レベルの強度』の運動中に音楽を聴くと、
持久力の明らかな向上につながることがわかった。らしい

ちょっと気になりました『低~中 レベルの強度』

"音楽の力"の限界
研究者たちは音楽の力に限界があることも発見した
音楽は、中程度の強度の運動においては疲労の生理的フィードバック信号を妨げるが
高強度の運動においてはその効果は薄かった。
すなわち、
無酸素性閾値を超えるような激しい運動では、主観的に感じる疲労の量は減少しなかった。

考えられる理由の一つとして、高強度の運動時には身体の反応が神経システムを支配するので、
そこから気をそらすのはよ難になるということが挙げられる。

そう逆に邪魔になるのです!

また、ランナーには音楽によりパフォーマンスが上がる人と変わらない人がいる?

ランナーは2つのタイプに大別される。そのひとつは、
走っているとき内側に向かって集中する「アソシエーター」タイプ。
一流アスリートの多くがこれに当てはまる。
一方「非アソシエーター」タイプの人、もしくは「アソシエーター」と
「非アソシエーター」の中間くらいの人は、身の回りで刺激や気を紛らわせるものを探す傾向にある。

「アソシエーター」タイプの人は、外界からの刺激に影響されづらく、
気をとられないので、音楽から得られるメリットはあまりありません。
一方、「非アソシエーター」タイプは、音楽のテンポが速くなれば走るスピードも速くなる、
といったように、音楽により運動パフォーマンスの向上が期待できます。

私も運動を始めたころ音楽を聴きながら運動をしていましたが
集中しだすと、ほとんど音楽は頭に入ってこなくなりますし
高強度のトレーニングには、逆に邪魔になり
いつの間にか聞かなくなってました・・・

単に自分がメディオやソリアの練習しかしないからなのか?
LSDは嫌いですw

自分は、どっちのタイプなんだろうな?
「アソシエーター」タイプと「非アソシエーター」タイプ
あなたはどっちのタイプですか?
[ 2016/04/01 ] ランニング | TB(-) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。