2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

4月より自賠責保険が基本値下がりへ バイクは最大20%近くお得に!?


グリーンのSR400 格好いい。
sr-4.png

自賠責保険(共済)の損害調査を行っている損害保険料率算出機構は、
2017年1月17日に金融庁へ自賠責保険基準料率の届け出を行った。

これによると、2017年4月1日以降に保険期間が始まる契約において、
自動車・バイクなど全車種平均で6.9%の保険料引き下げが適用されることとなる。らしい

バイクはどのくらい下がるのか?

改定後の自賠責保険の保険料の値下げ幅(改定率)は全車種平均で6.9%の引下げとなっているが、
小型二輪車(250cc超)、軽二輪自動車(総排気量125cc超250cc以下)は、36か月で20%以上の引き下げとなり、
約3,000円以上お得になる計算。
二輪車のカテゴリでは原動機付き自転車については唯一、契約期間によって値上げとなっている。


【小型二輪車(250cc超)】
12ヶ月 24ヶ月 36ヶ月
2016年まで 9,180円 13,640円 18,020円
2017年4月から 8,290円 11,520円 14,690円
改定による差額 -890円 -2,120円 -3,330円
改定率 10.7% 引き下げ 18.4% 引き下げ 22.7% 引き下げ

【軽二輪自動車(総排気量125cc超250cc以下)】
12ヶ月 24ヶ月 36ヶ月
2016年まで 9,510円 14,290円 18,970円
2017年4月から 8,650円 12,220円 15,720円
改定による差額 -860円 -2,070円 -3,250円
改定率 9.9% 引き下げ 16.9% 引き下げ 20.7% 引き下げ

【原動機付自転車(総排気量125cc以下)】
12ヶ月 24ヶ月 36ヶ月
2016年まで 7,280円 9,870円 1,2410円
2017年4月から 7,500円 9,950円 1,2340円
改定による差額 +220円 +80円 -70円
改定率 3% 引き上げ 0.8% 引き上げ 0.6% 引き下げ


でも・・・・

「最近バイクに乗らなくなったし、そろそろ売ろうかなぁ」

そう考えられている方は3月までに売ることをおすすめします。


毎年一回、バイクの税金は、4月1日時点に車検証に記載されている使用者が支払う義務が生じます。

車検のない原付や250ccバイクでもこの税金だけは支払わなければいけません。

さてどうしよう?




[ 2017/03/09 ] 車、バイク | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。