2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

グルテンフリーの補給食は、3つしかない!?

グルテンフリーと言ってもダイエット目的じゃありません

切実な問題なのです

グルテンフリーについては、前記事で

なので小麦粉の入っている食べ物は極力避けたい

いままで知らずに食べていて結構体調を崩してました

しかも運動中に食べる補給食に小麦とか、NGです
(注:小麦アレルギーではなくグルテン過敏症なので
激しいアナフィラキシー‐ショックは起きません)

調べてみたのですが、グルテン過敏症と小麦アレルギーなのですが
両者ともまだまだわかっていないことも多い様で、はっきりとしない事が多いです。


話を戻して、登山や、マラソン、ロードバイクと
補給食が必要なスポーツばかりをやっている自分

今まで間違った補給食ばかりを食べてました




補給食は大きく3種類

①ジェル系
ジェル

素早くカロリーを摂取できる補給食といえばジェル系
疲労していても補給しやすい
味の種類が多いことやミネラルやBCAA配合など、
スポーツに特化した製品があるのも魅力ですが!
コストが高い、味が不味い、
飲み終えた後の処理を確実に行わないと大変な事になる







②固形系
クリーム玄米ブラン
固形の補給食は腹持ちの良さがなんと言っても魅力的です。
羊羹や薄皮シリーズとかはコンビニで買いやすいというのも
大きなメリットですね。

ただ
消化吸収までの時間を考えるとジェル系より即効性は低いです。
またパンやクッキーのようなのものはパサつきが辛い
疲労がピーク時には胃が受け付けない。
チョコ系は夏場はやばい。
お気に入りは玄米ブラン カカオ





③自作系
バー
コストを抑えたいなら自作もおすすめ。(グルテンフリーならこれしか無い?)
手軽に作れるライスケーキやグラノーラバーは好みの味を作れるのも魅力的です。
自然派食材を使いたい場合なども自作だと簡単にできますね。
デメリットは
作るのに手間がかかることと、保存できる時間が短いこと。

もっと大問題は
おっさんには、手作りのハードルが非常に高い事





①ジェル系は、コストが高く不味いので本番用
②小麦の入ってない物は非常に少なく、羊羹ぐらいしかない
④奥様の都合と気分でしか入荷しないw








[ 2017/04/11 ] スポーツ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。