2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フォアフット&ミッドフット&リアフィット決着か?!

2月になりました、今年から真剣にラントレーニングを真面目に?
やってきて1ヵ月、、、
去年はトレイルランがメインでした。

最低で週一回のラン、、、(ラン以外に自転車、登山などの、運動はする事)
多くても一日おきにラン、、、(毎日は走らない)

と決めてなんとか、やってきました
最初は5キロぐらいから徐々に距離を伸ばし
なんとか10キロ走っても膝の痛みは出なくなりました
この調子なら、ハーフマラソンに出場できるかな?って感じです

さて、本題です去年から考えて色々試してきた

フォアフット&ミッドフット&リアフィット

ですが、かなり意識しないで走れるようになってきました
結論ですが、リア寄りのミッドフィットな走り方が自分に合っている気がします。

疲れてくるとフォアフィットな「ちょぼちょぼ」走りになり、
腰が下がり、脛の筋肉が痛みだします、

疲れたら、骨盤を前に肩甲骨を後ろに腕の振りを大きくするイメージでフォームの修正をします。

ポイント
骨盤の位置
骨盤の後傾

骨盤の前傾
骨盤を前傾を意識します。

肩甲骨の位置
肩甲骨
画像左側になるように意識します。

腕の振り
腕
肩甲骨を寄せると腕も後ろに引けるので連動していますが、肘は、90度をイメージして後ろに大きく振る感じです。

ランニングフォームも人により違いがありますが、ポイントはたぶん同じ部分だと思います。
私の読んだ本で
『金哲彦のランニング・メソッド 羽が生えたように動きが軽くなる! 』
金哲彦のランニング・メソッド [ 金哲彦 ]

金哲彦のランニング・メソッド [ 金哲彦 ]
価格:1,188円(税込、送料込)


には、フォームのポイントは骨盤、肩甲骨、丹田とありました
丹田はわかりにくいので
自分のイメージでは、体の重心を意識するとと考えて走る事にしました。
[ 2016/02/06 ] ランニング | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。