2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ピッチかストライドか?

フォアフット&ミッドフット&リアフィットにつづき

ピッチ走法(歩数)vsストライド走法(歩幅)論争を

フォアフット&ミッドフット&リアフィットは、

昔はリアフィットを勧めてましたが最近フォアフィットが主流になりつつありますが

ピッチとストライドは昔から体格によるから、どっちが正しいとかは、あまり言われませんでしたが

日本人は足がそれほど長くないので主流はピッチ走法だと思います

が!最近日本人はマラソン競技でケニア勢に勝てない日々が続いています

自分も当然日本人なのでピッチかと思っていましたが、どうも違うみたいで、

最近他の人と一緒に走っていますが、自分の走りはそれほどピッチが速くない事に気が付きました

自転車では、確実に高回転型な自分ですが、ランは逆にストライドだったとは。。。


話を戻してピッチとストライドですけど

今の長距離走はアフリカ勢が優勢です、手足の長いケニアの人達は当然?のように

ストライドさらにフォアヒット走法です

さて、日本人で見ますと、高橋尚子がピッチ走法、野口みずきがストライド走法です。






ランニング=ピッチ(歩数)×ストライド(歩幅)

速く走るにはピッチを上げるか、ストライドを大きくするかの選択となると思います

ピッチ走法は疲れない走り方として初心者におすすめされている事が多い気がしますがが、

自分の場合はなぜかストライド走法なのですが、ストライド走法はやはり筋肉が必要みたいで

体が出来てない自分はすぐ疲れてしまい腰が落ちてしまい、ストライドが狭くなり、スピードダウン

疲れてきているので、ピッチも上げれず、スピードが上がらずキロ6分台をウロウロ、、、

初心者の自分はまだまだ、手探り状態なので

ピッチ走法も試しつつストライド走法の為に強化トレーニングを少し取り入れたいと思います。


①股関節の柔軟性を高める


②下半身の筋力強化


③体幹を鍛える

[ 2016/02/13 ] ランニング | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fuku8qb.blog.fc2.com/tb.php/86-c623a88b






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。